第 50 回 伝統工芸日本金工展 (令和 4 年)

Category : お知らせ, 日々の記録 2022年03月26日

日時: 東京 5/21(土)~6/12(日)
熊本 6/18(土)~7/18(月)
場所: 石洞美術館 観覧料 有料
熊本県伝統工芸館 観覧料 有料
公式サイト: https://www.nihonkogeikai.or.jp/exhibition/metalwork/50/

今年もなんとか入選したようです。
年末から年度末にかけてなーんか忙しいのに、なぜかこの期間に2つも公募展の搬入がある。
先に作っておけば良いってわかっているけど、ドタバタに・・・。
で結局先の公募展には間に合わずで。泣。

今回の作品名は「彼方」です。

金工の作品はすぐに作れるわけではなく、時間がかかるので、これを作ろうと考え始めた時はかなり前なのですが、器に模様を入れる段階に入った頃、ロシアがウクライナに軍事侵攻を始めました。
海の向こうのことを考えながら海の模様をつけていき、この題名をつけました。

なんでこんなことになったんでしょうか。
歴史や文化が違う、平和ボケした日本人には理解できない感情がある、というのは頭にあっても、やっぱり人を殺し合うようなことはしてはいけない。絶対に嫌だと思う。
自分の国の首相にはどうにかして戦争を回避してくれる人になってもらいたいです。

改めて地図を見たら、ウクライナって遠いんやけど、ロシアって近い・・・。
北方領土問題とかあると知っていても、なんとなくロシアは遠い国だと思ってた。
近いやん。怖いやん。

銅の赤色が好きなんです。
でも、次何作ろかと考えてたら、しばらく銅は作らなさそうなんで、動画にしときました。


こんばんは お月さま

Category : 日々の記録 2022年03月05日

自分のことではないのですが、、、旦那さんの写真がフォトコンテストで準優勝賞をいただきました!

中秋の名月の日、美山のキャンプ場に行った時に、旦那さんが撮った写真がとってもいい雰囲気でした。
こういう写真がポスターとかになれば、ここに行きたくなると思う!!と感じた写真でした。

何かに応募してみたらいいんじゃないかと思って応募してみたら、見事!!
いい写真なんですよ、ほんと。

授賞式に行かせてもらいましたが、審査員の方に、構成がよく考えて撮られた写真です、と褒められてました。
たまには褒められるのも良いもんですね。よかったね。おめでとうございます。

第4回南丹フォトコンテスト


第3回 ティー・エレメント公募展

Category : お知らせ, 日々の記録 2022年03月01日

日時: 令和4年2月18日(金)〜4月2日(土)
営業日:木・金・土曜日 11:00-18:00
場所: ギャラリー 左右 TEL 075・708・2086
〒606-8444 京都市左京区若王子町15
公式サイト: https://sayuu.jp/

昨年応募していた、ギャラリー&サロン若王子倶楽部 左右さんでおこなされている、ティー・エレメント公募展の結果が発表されました!
なんと、私、大賞をいただきました!!!

ティー・エレメント公募展

う、うれしい・・・。

左右さんは工芸を扱うギャラリーではあるのですが、それにとどまらず、これからの工芸そして工芸家がどうしていけばいいのか、考えさせてくれる場所です。

この公募展に応募しようと思うと、結構長い文章を書かないといけません。
何を伝えたいのかを具体的に文字にしないといけないのです。
作品に物語を乗せる、こういうことが、作品を作る上で大切だとはわかっているつもりでしたが、なかなかできるものではありません。

一つの作品に物語を乗せて作り、この公募展に応募してみようと思えたのは、コロナ禍であり、自分とじっくり向き合う時間を作ることができたからだと思います。
仕事が減り、この仕事を続けなくてもいいのではないかと思った時、改めて、自分が何のために作るのか、なぜ作りたいのか考える時間が持てました。

考えて作り、応募し、大賞をいただけた、ということは自分にとってもステップアップできたと思うので、とても嬉しいです。

ちなみに。。。この作品は昨年の金工展に出品したアオイガイをモチーフにした作品に続く「月夜の浜辺」シリーズです。
シリーズにします。まだ2作品目ですが。

さて、ここからどうしましょう・・・・。

お時間ある方は、ぜひ、左右さんに足をお運びください!


第68回 日本伝統工芸展 入選しました

Category : お知らせ, 日々の記録 2021年09月10日

日時: ①2021.09.15~ 2021.09.27
②2021.11.05~ 2021.11.07 など
場所: ①日本橋三越本店 本館7階 催物会場
②京都産業会館ホール など

金工展で作品を出品し、間も無く伝統工芸展の出品締め切りの時期だったので、続きまして、作品を作りました。

金工展の作品はいつもとちょっと違う感じだったのですが、こちらはいつも通り。
ちょっと見た事すらあるような気もします。
以前、近畿支部展で作った物とすごく似たようなものを作りました。

なぜかというと、私は、銅の発色する赤色がとても好きだからです。
銅ががなぜこんな綺麗な赤色になるのかとても不思議で面白いと思うので、他の人にも知ってもらいたいのです。

で、一番うまく行った、近畿支部展で出したものをもう一度作ってみようと思って、作りました。
前回気になった部分など、ブラッシュアップして作ったつもりです。

子供たちにこの展覧会を見てもらえるなら、見る、美しいと感じるだけでもありがたいのですが、何でもいいから1つ疑問や不思議と思うことを見つけてもらえたら、嬉しいなと思います。そこから興味がきっと広がるのではないかなと・・・。

さて、題名は「八重の汐々」と付けました。
汐汐感がもうちょっと必要かなと思っています。

日本伝統工芸展


第49回伝統工芸日本金工展(令和3年)入選しました

Category : お知らせ, 日々の記録 2021年08月29日

日時: ①2021.08.07~ 2021.10.08
②2021.11.06~ 2021.11.21
場所: ①掛川市二の丸美術館
②ギンザタナカ5階ホール

久しぶりに、作品を作り、出品しました。

コロナ禍で、仕事が減り、一年目は子供と過ごす時間が増えたと喜んでいたのですが、
二年目に入り、さすがに何かしたいと思い、作品を作ることにしました。

今までと少し違う雰囲気の作品です。

キャンプを始めた頃に行った浜で、偶然に見つけたアオイガイの貝殻。
子供達が海の塩で体が痛いと言い始めて、この貝殻を拾ったことを忘れ、釣った魚たちと一緒に海に流してしまった。

それが惜しくて惜しくて。。。!!

そこから、じわじわ、小さい頃の貝拾いの楽しみを思い出して、今や寝ても冷めてもいつ海に行こうかと考えています。
・・・が、去年も今年も浜は閉鎖されているところが多いですし、子供は貝拾いに興味ないですし、一年に数回、海に行くくらいのもんです。

でも、やっぱり、貝殻とかを眺めていると、生き物の形が美しく、面白く、楽しいです。

年に数回でも、貝を拾いに行くと、ゴミの多さにも悲しくなります。
海に楽しませてもらっているので、何か恩返しをと思って、ゴミを拾ったこともあるのですが、1人の力では何も変わりません。
子供も大きくなってきたので、ビーチクリーンアップなどのイベントに参加しようと思ったのですが、コロナの影響で中止になり行けてません。

それでやっぱり自分ができることは、作品を作ることで、海好き!て気持ちを込めることかなと思いました。
ちなみに、私は泳げません。怖いて気持ちもすごくあります。でも、面白くて興味があるんですよね。

題名は「月夜の浜辺」です。
中原中也の詩の題名からお借りしました。
あの詩を教えてもらって、読んで、浜辺に転がっているボタンを拾う気持ちがなんだかとてもわかるような気がしました。

日本工芸会 金工展


YouTubeチャンネルを開設してみました

Category : 日々の記録 2020年09月08日

制作風景を撮影しました。

金属工芸  植田千香子ちゃんねる


お気に入りの場所で 自由に楽しむTea Life展

Category : お知らせ, 日々の記録 2019年10月22日

日時: 2019年10月17日(木)ー10月28日(月)
11:00-18:00
火-水定休日
10/28は15:00まで
場所: 若王子倶楽部 左右
606-8444
京都市左京区若王子町15
公式サイト: https://sayuu.jp/blog/tealifeexhibition-3/

陶芸家の山内さんとのふたり展です。
山内さんは黒か白地に銀彩で模様をつけて制作してはります。
私は金属でなるべく色を発色させて制作しています。
銀という共通点はあるけれど。。。どんな展示になっているでしょう。

今回は久々に急須を作りました。
銅の急須は初めてかな。
結構気に入ってます!


愛宕山 3歳詣り

Category : 日々の記録 2019年04月30日

京都では、男の子は三歳までに、女の子は13歳までに愛宕山に登ると一生火事に合わないという言い伝えがあります。ほんまかなー??と思いつつ子供を連れて登っちゃうんですよね。
愛宕山は7月31日に登ると1000日火事に合わなくて住むという千日参りというのもあります。
私も誘われると登ります。京都の身近な山です。

GW10連休二日目。4月28日。弟の3歳詣り、愛宕登山にいざ。7歳お姉ちゃんも。
上のお姉ちゃんのときはずっと背負ってたけど、今回はなるべく歩いていってもらいたい・・・。

10時半登山開始。
500円入れてくださいという看板のみの駐車場があるのでそこに停めていく。
駐車場から登山口までの坂がけっこうきつい。
1時間半くらい進んだところで弟は歩かなくなる。夫が背負うと寝た。
途中、水尾と表参道の合流地点で12時半くらい。弟は起きる。

おにぎりを食べてまた登山再開。13時くらいかな。
行くときに駐車場で出会ったご夫婦がすでに降りてきていた、笑。
そこから、弟もまたあるきはじめる。

15時すぎ登頂!最後の門からの階段がきついきつい。そこ抱っこで登る、こたえる。
お詣りをしてもらう。(一番お安いので3000円お守り付き!)
なんやかんやで16時くらいから下山。
水尾の別れのとこくらいからまた弟あるかなくなる。17時前。
今度は私が背負う。やはり寝た。そこからずっと背負って降りる。やはりきつい。
18時前くらいに下山。うす暗くなり始めた頃に降りてこられました。

お姉ちゃんも、ちゃんと自分で登って降りてこれました。
保育園の時の登山ではいつも一番最後で園長先生に手をひかれながら登る、というタイプだったのですが、そんなことはなくずっと喋りながら登ってました。大人に比べると身も軽いし。降りるときは「疲れた〜疲れた〜」て言ってたけど、余裕を感じました。

そんな感じです。仕事とは全然関係ないけど!
途中、水晶を発見。
今まで見つけて中では一番大きい結晶がありました。
持っては帰れないので、写真で残しました。わかるかな。


正しい道

Category : 日々の記録 2019年04月10日

道を絶対間違えない友達がいる。
一度行った場所は頭の中でピチッとどの道がどの道につながっているか整頓される。
彼女とならどこに行くときも何の下調べもせずに身を任せる。正しい道を知っているから。

彼女は大学ではテニスサークルに入りスポーツも恋愛も楽しんだ。
そして、就職し、ぱっと結婚しさっと会社をやめ、ううっと子供を産み、専業主婦として子育てと家事に専念した。
子育てが少し落ち着いたら、市役所でパートとして働きはじめた。
そして、勉強し公務員試験に受かり、今年から公務員としてフルで働く。

尊敬する。こんなにちゃんと進める人いないと思う。
がつんがつんとやるべきときにやるべきことをやる人生は、いい人生だと思う。
彼女は最初からこの道はいい人生を送れると知っていたのかな?
いや、もしかしていい人生だと本人は思ってないのかな?

本当に正しい道があるかはわからないけど、迷って寄り道ばかりしている私からは輝いて見えました。
私も、これが正しかったと想える道にはやく入りたいものです。


いつの間にか春

Category : 日々の記録 2019年03月30日

昨年度はいろいろありました。
一番思い出に残っているのは、台風かな。
2018年度の後半を全部持っていってしまったくらいのショックでした。
そして春。
お気に入りの桜のうわっている河川敷に行ったら、何本も倒れたままでした。
近くに居合わせたおじさんと、台風で倒れたんですかねえ。。。という話をしてなんともやりきれない思いになりました。
そして、数日後また同じ場所に行ったら、倒れた桜の木のうちの何本かが満開の花を咲かせてました。
感動もしましたが、また来年も咲かせられるのか心配にもなりました。
毎年咲くのか見続けたいと思います。